ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

静電粉体塗装

建築電気設備関連で、コンセントや電灯スイッチなどの設備部品を組込むコンセント・プレートという仕上部品があります。

最近の電機メーカーは、プラスチック製スイッチ可動部を「豪華なデザイン」にしたような製品を主力商品にしようとしているようで、分譲マンションやハウスメーカー製の住宅などでよく見かけますが、僕は妙にデザインしていない、昔からある、シルバー色合金(いわゆる新金属)製の、シンプルな既製品を採用します。レストランや住宅で予算がある場合、電機メーカー以外の真鍮製プレートを採用することもあります。オフィスの設計でプレートを厚めのステンレス板で製作することもあります。

シンプルなプラスチック製既製品は茶色のものは問題外ですが、おおむね白っぽい、可もなく不可もないアイボリー色のものは、日常の生活感覚ではさほど問題ないのですが、室内壁・天井を左官材や塗装で純白に仕上るときなど、アイボリー色のプラスチックの質感は情けないほど安っぽく、ミスマッチになります。

以前から見栄えのする純白のコンセント・プレートがほしいなと思っていて、ときどき調べたりしていましたが、世の中需要がないのか、そのような製品は見当たりません。では、自分で塗装するとどうなるか、たとえば、白のスプレイ式耐熱塗料は、普通の白スプレイ塗料よりは塗膜が強いですが、それでもコンセント金属端子で引っかくと比較的簡単にキズがついてしまいます。そこでひとつ行き着いたのが、金属製椅子などに採用されている静電粉体塗装でした。

昨年手がけた個人住宅(Y邸)で、白く染色塗装したメイプル無垢材の造付家具と巾木に、純白に粉体塗装した家具用コンセント・プレートをつけました。
d0266559_2332492.jpg

大量であれば家具関連工場などに発注できるのかもしれませんが、プレート10枚程度ですし、かねてから一度やってみようと思っていたこともあり、新金属製既製品プレートを自前で純白に粉体塗装してみました。はじめてだったので試行錯誤もありましたが、厚めに噴霧して焼き付けると、ホーローや陶器に似た印象の、温かみがある質感の塗装仕上になりました。

ネットでDIYサイトを調べ、米国のDIY通販サイトで粉体塗料、静電粉体スプレイ器具をみつけ、手に入れました。エア・サプライは近所のDIY店で小型コンプレッサ(ナカトミCP-100 )を入手、焼付けはオーブントースターで約200℃で15~20分行いました。
d0266559_23591896.jpg
静電粉体スプレイガンで、帯電させたプレートに粉体塗料を噴霧しながら吸着させます。
d0266559_23595373.jpg
オーブントースターで粉体塗料を焼付けます。

静電粉体塗装は、塗膜が強靭であるほか、有機溶剤を使わないため作業者の健康や環境にも好ましいとも言われています。しかし一方で、可燃性の有機溶剤は使用しませんが、微細な粉体塗料自体が特に噴霧中は引火性らしく、火気厳禁(特に作業中)と記載してありました。

今回僕が試した、米国のDIY通販サイトEastwoodオリジナルの静電粉体塗料スプレーガンは、調べた範囲では、国内で同様のツールがみあたらず、価格が手頃だったので購入してみました。ユーザーレビューを読むと評価がマチマチなので、ご興味のあるかたは参考になさるとよいと思います。コンセントプレートのような、あまり立体的でない、小さな金物を粉体塗装するには問題なく利用できましたが、非常に大雑把なツールでした。

粉体塗料は、僕が使うのは純白だけですが、ラメ入りのものなどふくめ、色数が豊富にありました。
by paveau | 2012-12-06 23:34 | 建築作品など | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://paveau.exblog.jp/tb/17372467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mcr40w at 2012-12-18 20:19 x
はじめまして。
当方もDIYでパウダーコートをやりたいと思いネットでいろいろ調べておりましたところ長谷川様のブログを発見し、コメントさせていただきました。

当方もEASTWOODのパウダーコーティングのガンがほしく、探していたのですが、ebayもamazonUSAもEASTWOODの通販サイトも日本に発送不可で手に入れられないことが分かりました。
いろいろ調べていくうちにアメリカ国内に転送しそこから日本へ発送してくれる会社があるようで、そこで買うしかないのかなと思っております。

初コメントで大変恐縮なのですが、長谷川様はどのようにして手に入れられたのでしょうか?
よろしければ教えていただけますでしょうか?

お忙しいかと思いますがよろしくお願いいたします。
Commented by paveau at 2012-12-19 00:40
mcr40w さま、こんばんは! はじめまして。

僕のブログをご覧になってくださり、コメントいただき、ありがとうございます。

Eastwood のパウダーコーティング・ガンと粉体塗料は、ブログにリンクしたEastwood通販サイトから、昨年2011年6月に直接購入しました。支払は同サイトのいくつかの選択肢の中から、僕がふだん利用しているPayPal(当時まだ日本語siteはありませんでした)を選びました。

いっぽう、時々利用するamazon usa もその時、同製品をEastwoodより安く売っていたので、最初はamazon usa で買おうとしましたが、日本へは発送不可だったので、Eastwood を利用しました。

推測で恐縮ですが、僕が購入した後、Eastwood も何かの事情で日本へ発送しなくなったのかもしれません。

お役に立てず申しわけありません。
Commented by mcr40w at 2013-01-05 18:10 x
返信いただきましてありがとうございます。

やはりamazonは駄目でしたか・・・。

あれからイーストウッドに直接、日本に発送できるかどうかの問い合せメールを出しまして、発送可能とのことでサイトより注文しました。
英訳サイトでがんばって訳してメールを出したんですが、送料と支払い方法のことで連絡が止まってしまっています。

25日に注文しクレジットカードの支払を選択したから向こうから「ペイパルなら商品代金+送料58ドルで送れる」ときたのでクレジットで支払いしたいと返答したら去年の31日までに連絡をしろとメールに書いてあったのですがそれっきりです(汗
日本なら即電話して聞くのですが・・・・
やはりペイパルのがいいんでしょうか・・・。

返答いただきまして本当にありがとうございました!!
Commented by paveau at 2013-01-06 00:06
mcr40w さま、こんばんは!
お返事くださって、ありがとうございます。

Eastwoodから直接日本へ発送するとのこと、よかったです。

僕の場合はパウダーコーティング・ガンと粉体塗料(2.lb)、粉体塗料色見本帳をまとめてオーダーしました。オンラインで注文後、Eastwoodから「送料はUSPS(U.S.Postal Service)経由で$70.74になるが、よろしければOKの返信をください。」といった確認メールが来て、OKの返信をしました。

支払方法については、僕の場合以前から他でもPayPalを利用していたのと、個別のオンラインのクレジット決済手続はセキュリティがなんとなく心配なのとで、使い慣れたPayPal決済にしましたが、何かはっきり理由があるというわけではありません。

多少でもご参考になればさいわいです。
Commented by mcr40w at 2013-01-08 12:40 x
こんにちわ。
またまた返信いただきましてありがとうございます。

あれから再度「支払と送料はどうなった?」とメールを送ったら、昨日メールがきまして「31日までに連絡ししなかったからキャンセル。欲しいなら再オーダーしろ」ときました。
中学生レベルの英語力でも感じるめんどくささ満載のメールでした。
こちらは26日にクレジットではダメか?とのメールを送ったのに・・・。

推測ですが、クリスマスセールのときに注文したので30ドル以上セールしていてめんどくさいのに儲からないといったところで放置となった気がします(汗

なのでもうこちらもキャンセルしてくれたならちょうどいいので、他社のガンを購入しました。

やはり異国の方と取引するのは難しいですね(^^;)
日本のやり方では通用しないのが分かりました。

この度はいろいろありがとうございました!
これからもブログ楽しみにしております!!
Commented by paveau at 2013-01-08 18:32
mcr40w さま、こんばんは!
お返事ありがとうございます。

前のお話を拝見したときに「年末31日までに・・云々」の意味がよくわからなかったのですが、年末特価($30以上値引はすごい!)セール期間だったんですね。なぜクレジット決済希望でオーダーが通らなかったかはよくわからないです。

さて、別の製品をお買いになったとのこと。
いずれお手元に届きましたら、使用感などお聞かせいただけるとさいわいです。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします!
<< ジョン・ルーリー  John ... ゲイリー・ウィリス  Gary... >>