ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

ヒロボー (その2)   EMBLA 450E

およそ20年ぶりになりますが、この夏、久しぶりにラジコン・ヘリを飛ばそう!と、昔飛ばしていたヒロボー・シャトルZX、エンジン・スタータなどを点検したりしたところ、送信機フタバFF7SUPERのNiCdバッテリ、プラグ・ヒート用シールド・バッテリが劣化してNG。ジャイロの動作がどうも不完全。

しかしながら、送信機バッテリを交換、電源を入れたところ、セーブしていた設定は消えておらず、ジャイロ以外のサーボ類、各部メカ類の動作は正常、20年前のグロー燃料しかないのでエンジンはかけませんでしたが、スタータで軽く廻してみたら固まっておらず、ポコポコ廻りました。

シャトルのテスト・フライトをするには、いずれにせよ、シールド・バッテリ、ジャイロ、燃料などを買わないとならないので、馴染みだったラジコン・ショップへ出かけて相談してみました。

意外だったのは、僕が飛ばしていた頃から20年たった現在も、ヒロボー・シャトルが現役モデルだったことです。ただ、エンジンが30から32にパワーアップ(或いは電動化も可能)など、さすがにいろいろ改良されていました。

20年前のシャトルZXは樹脂部品も多く、劣化している可能性もあるので、オーバーホールして飛ばすのもいいですが、新品のシャトルに手持ちの電装類を換装するのもありかな、など考えているうちに、ちょうどヒロボーのEMBLA 450E という比較的新型の電動ヘリをセールで売っていて、カーボン製のローター、本体フレーム、アルミ削りだしのローターヘッド、テール・ハウジングなど、なかなかかっこいいヘリですし、お店の人と話してたら「たぶん古いFF7SUPERでも飛ばせるんじゃないかね」みたいな流れになったので、シャトルのレストア・フライトはひとまず保留にして、EMBLA 450E スタビ付モデルを手に入れました。
d0266559_16403147.jpg
手持ちで各部の動作チェック


僕が飛ばしていた頃は、エルロン、エレベータ、ローター・ピッチの制御はそれぞれ個別にサーボを割当てるシステム(HPM方式と呼ぶらしい)でしたが、僕が飛ばさなくなって割とじきに、1995年頃からでしょうか、スワッシュ(エルロン、エレベータ、ローター・ピッチ)を3(または4)個のサーボで同時に制御するシステムに変わり始め、今ではこうしたスワッシュ・システム(SWM方式、JRはCCPM方式、などと呼ぶらしい)が主流とのことでした。EMBLA 450E は、このスワッシュ・システムの電動ヘリです。
d0266559_138477.jpg


シャトルは現行モデルも昔のままHPM方式のようですが、部品交換等でSWM方式にも変更できるようです。

さて、送受信機は。
僕のFF7SUPERは、フタバに問合せたところ、このSWM方式出現以前の送信機なので、SWM方式未対応(同等の設定ができるかできないかは不明)とのことでした。25年ほど前の機種!とのことで、当時を知る社員さんももういないし・・・などなど、古い送信機だとFF9は、SWM方式対応とのことでした。

で、週末にEMBLA 450E を組立ててみました。
d0266559_1383657.jpg
スワッシュ廻りのサーボはサンワ94809 x 3、ジャイロはフタバGY430、ラダー・サーボはフタバS9257です。本体はメカも含め6~7時間ですんなり組立てました。フレームを組立てるタッピングビスが小さくて舐めやすかったため、ヘックス・レンチを3、4種類試して使分けました(同サイズでもメーカ等により微妙にばらつきがある)。それから各部の(スワッシュ廻りや、特にラダー!)リンケージが全般的に渋いので、専用工具を持っておらず、細めのラジオ・ペンチを突込んで手の感触を頼りにぐりぐり広げて調整しました。

どちらかというとFF7SUPERのほうが難問といいますか、電動ヘリかつSWM方式(同等?)に設定することについては、当然取説には特に記載がなく、他の資料もなく、取説記載の諸機能を手がかりに、すべて手探りで試行錯誤しました。

いろいろ試してみたところ、Heli2モード、右エルロン(ch1/Rev)、エレベータ(ch2)、アンプ&モーター(ch3/Rev)、ラダー&ジャイロ(ch4)ジャイロ本体(1520uS/Rev/感度ノーマルモード-50%)、左エルロン(ch6)として左右エルロン・サーボが右スティックに正しく連動するようになり、さらにプログラマブル・ミキシング(PMIX)のマスターch6/スレーブch2に設定することで、エレベータも左スティックに正しく連動するようになって、ようやく各部がだいたい正常に動作するようになりました。
d0266559_139754.jpg


組立中の機体を手に持って、慣らし運転を兼ねて各部の動作をチェックしましたが、はじめて手にしたLi-Poバッテリ(3S、11.1V、2200mAh、30C)は、なかなかパワフルでいい感じです。

こうしてEMBLA 450E は7月7日(日)七夕の日に完成したので、「七夕号」と名づけました。

風が強かったので、また試験飛行していませんが、初飛行が楽しみです。

(続く)







by paveau | 2013-07-09 12:16 | ラジコン・ヘリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paveau.exblog.jp/tb/19229944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ガマの親分さん すみだストリートジャズフェステ... >>