ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

Rush Carbon 2007のチェーンホイール交換 (その2)

年末の懸案事項だった、4号機、Rush Carbon 2007のセンター・チェーンホイール交換 の続きです。

新しいシマノXTの32T(FC-M760)を入手したのに、Cannondale Carbon Si クランク(FSA社のOEM。BB30規格)を外さないと交換できないことがわかり、いったんは自分でやってみようとしました。ここ数年でBB30 規格はロード車でずいぶん普及しているようで、関連情報はネット上にもいろいろあって参考にしました。

手順は(1)まず左クランクの10mmヘックス・ボルト(正ねじ)をはずし、(2)右クランク一体のクランク軸を左側からプラスチック・ハンマーなどで右へ叩きだす、という段取です。

手順(1)左クランク固定ボルトは、正ねじの10mmヘックス・ボルトとピンレンチ式蓋(緩み防止用)とを組合わせたワンキーリリースタイプ。10mmヘックス・レンチのみではずれるのですが、蓋がきっちり締まった状態で作業しないと蓋をなめてしまう、というのが注意事項のようです。

試しに自分でやってみたところ、手持ちのヘックス・レンチで10mmヘックス・ボルトは廻ったものの、半回転ほどで蓋にあたって廻らなくなり、今回初めてなので、そこからの力加減がつかめず、自分で交換するのは取りやめにしました。

それで、近所のプロショップへ持込み、30分もあれば作業完了との見立てだったので、作業を見学させていただくことに。手順(1)は5分ほどで完了。蓋が若干緩んでいたとのことで、いったん蓋をピンレンチで締め直してから、ヘックス・ボルトを外しました。さすが手馴れたものでとても参考になりました。
d0266559_281419.jpg
手順(1)完了状態

ここまで作業は至って順調だったのですが、約5年間分解メンテなしで17,000km ほど走ったため、手順(2)で叩いてもクランク軸がまったく抜けずという状況に。手順確認でメカニックさんがCannondale Japan へ問合せたところ、やり方には問題なく、クランク軸とベアリング内輪が固着している可能性大らしく、ベアリング部に注油して1昼夜程度ねかせるのがよいとのサジェスチョンがあり、結局ここで作業中断、預けることになって、見学はおしまいになりました。


作業完了し、受取に行った際に、実際の手順(2)及びBB30 クランク周辺のクリーニングの作業写真を見せてもらいながらいろいろ解説してもらいました。BB内部がずいぶん汚れていたそうで、クランク廻りを完全分解後、ピカピカ&グリス・アップしてもらいました(作業写真はもらえず)。

それで、帰宅後、試しに自分で手順(1)だけやってみました。
d0266559_2233479.jpg
d0266559_216429.jpg
ここから手順(2)になるわけですが、今回作業を実際に見ていないのでクランク軸を抜いてみるのはやめにしました。




最近ネットで知りましたが、2007年当時、この cannondale 社の carbon Si クランクは、スピンドルの亀裂破壊が原因で同社がリコールしていたそうです。そうとは知らずに17,000kmも走っていました。今回の修理ではプロショップのメカニックさんが同社に分解手順を問合わせていましたが、リコールの件は話題になりませんでした。僕程度の脚力・乗り方では関係ないのかなと思いますが、気になるのでどんなリコールだったか確認しようと思っています。



チェーン交換後、スプロケット(シマノCS-HG50-9)の外から3枚目(14T)がギヤ落ちする不具合ですが、走行中意外と、思っていたよりうっとおしいことが判明。手持ちパーツを確認したところ、未使用のシマノXT,CS-M760がでてきたので、スプロケットも交換しました。
d0266559_1544639.jpg
スプロケット交換完了。新しいCS-M760(左)と古いCS-HG50-9(右)
by paveau | 2013-12-26 00:20 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paveau.exblog.jp/tb/20149210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014 初ポタリング Rush Carbon 200... >>