ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

デジタル一眼レフ


フィルムカメラの時代に僕がニコン一眼レフ・ユーザー(F、FE、F801など)だったこともあって、息子は1年半ほど前、はじめての英国一人旅のためにそれまで使っていたリコーのコンデジでは役不足と思ったか、我家初のデジタル一眼レフ、D7000を手に入れ、旅とともにみるみる写真好きになり、勢いに乗ってさらにほんの数ヵ月で、D600に買換えたのでした。


僕はデジタルになってからは、大きくて重いデジタル一眼レフは値段も高いし、仰々しいなと思って手を出さず(笑)、もっぱらコンデジ(ixy digital) やミラーレス一眼(LumixGF2)を使っていました。

それでもむかし愛用していた手持ちのニッコール・レンズがそのまま使えるとあって、ときどき息子のD7000、D600を借りて写真を撮ってみたりはしていました。そして次第に、もちろん画質の違いに驚いたこともありますが、なによりやはり、鮮明な光学ファインダーを覗いて写真を撮る楽しさがじわじわと蘇ってきたのでした。



d0266559_12402828.jpg
船舶修理工場@港区海岸


d0266559_0183558.jpg
取壊中の都営宮下町アパート(店舗棟)@渋谷


それで、新宿に用事があるとカメラ屋を覗くようになり(笑)、ひと月ほど前、とてもきれいなD2xをみつけ、すっかり気に入って手に入れました。

買った足で、歩いて5分ほどのニコン・サロン@新宿西口へ。

出かけたのはたぶん20年以上ぶり、もう修理部品がないことも承知のうえで中古で買ったD2x、購入前に自分なりに思いつく限りの動作確認などしたものの、深刻な不具合があれば2週間以内は返品OKとのことだったので、何かあるといけないと思って、30分ほどの即日点検(無料)をしていただきました。

久しぶりに訪れたニコン・サロン、むかし僕がよく出かけた頃とは場所も移ったし(昔はたしか住友ビルだったような気がします)、働いてらっしゃる人たちも当然違うわけですが、いまなおあの頃と同じ、デジャヴな雰囲気を感じました。

僕のD2x、メーカー点検でわかったことは、CFカードスロットの1番ピン(gnd)が曲がってることでした(笑)。でも機能に影響ないので、そのままお使いください、とのことで、そのほかはすべてOKでした!

d0266559_21432298.jpg
CFカードスロットの1番ピン(写真上段左端)がたしかに左へ曲がっている(笑)。



CFカードは割高なので、CFカード・アダプターに32GBのSDカードを差して使っていますが、400枚ほど撮影して、今のところ特に不具合はないです。

D2xの詳しいことはまだまだよくわかっていませんが、すこし使ってみて、とてもまじめな写りだな!といった印象です。

ただいま、いろいろ研究&練習中です!

d0266559_21295813.jpg
庭に咲いたルリマツリ


d0266559_0443858.jpg
秋のバラ


d0266559_02181472.jpg
ハナミズキ



d0266559_2161030.jpg
ハナミズキ #2




d0266559_21563136.jpg
ハナミズキ #3




d0266559_0282034.jpg
銀杏




d0266559_12553746.jpg




d0266559_2155077.jpg
雨落 有時庵@御殿山 (設計:磯崎新,1992)

d0266559_01575221.jpg
鈴木大拙館の庭 (設計:谷口吉生,2011)


d0266559_13065245.jpg
金沢21世紀美術館(設計:妹島和代,2004)
d0266559_1315754.jpg

D2x・28mmf1.8(左)と 息子のD600・16-35mmf4(右)

余談ですが、彼のD600は運よくローパスフィルターのゴミはほとんど出ていません。








by paveau | 2014-09-25 12:43 | いろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paveau.exblog.jp/tb/21147090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東北小旅行 Softly, As In A... >>