ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

FPV  その17  4号機とりあえず完成(Diatone Grasshopper 160 CF)



今朝の東京は雪にならず、助かりました。

年末からつくっていた4号機(Diatone Grasshopper 160 CF)が、昨夜、とりあえず完成しました。

200g未満に減量、受信機アンテナ線の保護などを優先、とりあえずLEDとブザーは未搭載ですが、なにより当初の目標だった、初のNAZE32(10dof/Cleanflight)にMW_OSD R1.5を200g未満機に搭載したので、ま、とりあえず完成!です。
d0266559_12181487.jpg
WildScorpion 3S 500mAh Li-po搭載、飛行重量198g。

Diatone Grasshopper 160 CarbonFiber (BEC付PCBとも)
NAZE32 10dof
Lemon Rx 6-Ch Diversity(DSMX互換 )
ReadyToSky S1306 3100KV
eMax 12A Nano BLHeli ESC (oneShot)
(長谷川注:OneShot125サポートとあり、有効設定しているが、
 Damped Lightはできてないようです・・原因不明)
5040手作り切詰プロペラ(3インチ既製品より多少長いかも)
600TVL 1/4 2.8mm CMOS FPV 170 Degree Camera
Eachine 200mW VTx ET200改(ATV無線局認定済)
MicroMinimOSD(MW_OSD R1.5)

d0266559_12184003.jpg
庭で数回、目視でホバリング~旋回してみました。5分ほどで、10.2Vに設定したバッテリ・アラームが発動します。上のFPV映像は、リビングのBDレコーダ外部入力にVRx(RC832)を繋いで録画しました。

FPV映像中央下のコールサイン(初期設定の表示方法のまま)は、約1分おきに数秒表示されます。

FPV映像左下のバッテリ電圧表示は、MW_OSD_GUI の[Voltage Adjust]200(デフォルト値)だと、-1Vほど表示誤差がありましたが、216~7でほぼ正しい電圧値が表示できるようになりました。



2016.02.06 追記
1、2、3号機bisに搭載している高輝度軽量LED(赤)が1g程度なので、4号機にも搭載しました。500mAhリポ込で飛行重量199g。
LED Decoration Board Strip_red(3S用、Banggoodで送料無料$1.90USD)
d0266559_21283476.jpg
d0266559_22003355.jpg

2016.03.20 追記.
なかなか広いところへ飛ばしに行けないので、たまーにのんびり庭で飛ばして楽しんでいます。Wild Scorpion 3s 500mAh の Li-Poで5min以上飛ばせるので、十分楽しめます。
d0266559_03064542.jpg








by paveau | 2016-01-30 12:23 | ラジコン・ヘリ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://paveau.exblog.jp/tb/22830605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshi at 2016-06-12 10:23 x
under 200g おめでとうございます。
実は、正に同じことをCC3D+Orange sateraitで実現しようと思案中です。
今、一番の悩みはCamera stand! Diatonえの台座もよいのですが 柱にゴム輪かとも・・・
ノウハウを、ご教授願えませんか? また、他に注意点等ご教受願えませんか?
Commented by paveau at 2016-06-12 21:49
yoshi さま、こんばんは。
ブログをご覧くださって、ありがとうございます。

FPVカメラの取付方法ですが、僕の200g未満機3機のうち、Diatone Blade 150は、レンズ部分に約2mm幅の結束バンドを巻いて上フレームに仮固定、角度は型紙などを挟んで適当な向きをきめてホットガンで適当に隙間を充填して、結束バンドを本締めしてます。
Grasshopper 160は上フレームに結束バンドがかけられないので、2本の支柱の間にFPVカメラレンズを挟んで角度を決めて仮固定して、隙間をホットガンで充填しただけです。3機とも、何度も墜落してますが(笑)、カメラVTX系統はまだ一度も壊れてません。

他の注意点、といいますか、広いところではほとんど飛ばしてませんが、200g未満機を半年ほど飛ばしてみて、軽量化であちこち配線を切詰めたり、直にハンダ付けしたりしてますが、墜落時などにモータ~ESC廻りの配線でハンダが取れたり断線したりしやすいように思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by yoshi at 2016-06-12 22:43 x
素晴らしい考え、教えて頂き有難うございます。
それと、よく付属のBECは良くないとの話を聞きますが重さなんですかネ?
素人には、良く判らないことだらけです。
まだ、FPVもモニターを補助に使っており切り替えることができません。
これからも、宜しくお願いいたします。
Commented by paveau at 2016-06-13 22:22
yoshi さま、こんばんは。
BEC は、フレーム付属のBEC付PCB(Printed Circuit Board)をつかったり、別売単品のBECを使ったり、いろいろ場当たり的に使ってますが、特に不具合になったことはないです。
BEC付PCB は配線が楽ですが、200g未満機だと、重量・大きさ的に不利なのかもしれません。
Commented by yoshi at 2016-06-20 22:29 x
度々、upさせて頂き申し訳ございません。
フロントのESCを、FCの下に置いているとの事ですが何か理由があるのですか?
また、ペラのサイズダウンはやはり機体重量の関係でしょうか?
Commented by paveau at 2016-06-21 22:09
yoshi さま、こんばんは。
フロントのESCをFC下(機体中央)に配置したのは、機体後部で電源接続(配線ハンダ直付)するので、ESCの太い電力線を少しでも短くして重量軽減しよう!(1~2g?(笑))と思ったためです。
ペラをGEMFAN5040のカット・オフにしてるのは、200g未満機を作った頃は3~4インチの市販ペラがほとんどなかった&けっこう軽量であること、昨年末頃に1306で市販3030を試したら回転が上り過ぎて相性がよくなかったこと、などです。最近だと、DALペラ4040がけっこうよさげ&安くなってきたので、一度試してみたいと思っていますが、GEMFAN5040をそこそこ在庫しているので、いずれ、といったところです。プロペラは飛ばし方や人によってけっこう好みがあるんじゃないかと思います。
<< 「建築家 フランク・ゲーリー ... FPV  その16  Clea... >>