ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

カテゴリ:建築の話題( 36 )

「建築家 フランク・ゲーリー “I Have an Idea”」展



もう1週間経ってしまいましたが、先週日曜、六本木ミッドタウン、21_21 Design Sight で開催していた、「建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”」へ出かけてきました。

最終日の午後だったこともあって、到着した時は長蛇の列、入場30分待ちでした。
d0266559_02290613.jpg

模型やスケッチをたくさん展示していて、見ごたえがありました。

1980年夏にNYC一人旅をしたとき、仕事の合間にあちこち案内してくれた現地在住の日系建築家Kさんが、ニューヨーク州立大学でゲーリーさんの講演会があると教えてくれて、その頃ちょうど注目され始めたようです。このときはじめて名前を知って、もう35年も経ちました。

神戸にフィッシュダンスができたときは見学に行きました。

ゲーリーさんの、鯉のような魚のモチーフは、具象と抽象の関係、アナログとデジタルの関係、自然と人工造形の関係を、いろいろと思い描かせてくれるものだと思います。


d0266559_00324924.jpg









by paveau | 2016-02-15 00:26 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

「みなでつくる方法─吉阪隆正+U研究室の建築」展

国立近現代建築資料館@湯島で12/3から開催している「みなでつくる方法─吉阪隆正+U研究室の建築」展。

開催前日のオープニングに行けず、まだ展示は観ていませんが、今日、同展に関連するイベント、シンポジウム1「吉阪隆正+U研究室による集団設計」が、吉阪隆正+U研究室の代表作のひとつ、お茶の水にあるアテネ・フランセ4階講堂で開催され、出かけてきました。
d0266559_00283728.jpg
アテネ・フランセ, 吉阪隆正+U研究室,1962. カフェテリア

d0266559_00454234.jpg
シンポジウム1「吉阪隆正+U研究室による集団設計」


シンポジウム終了後、会場で久しぶりに会った知人たちと館内を見学させていただきました。





by paveau | 2015-12-07 00:47 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

「村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界」展

目黒区美術館で開催中の「村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界」展へ出かけてきました。

会期は2015年7/11(土)〜9/13(日)。

模型が力作揃いで見ごたえありました。
d0266559_141593.jpg

表題の模型写真は、展覧会で撮影が許された最初の展示室に展示されたex千代田生命本社ビル(現目黒区総合庁舎)の茶室廻りです。3年ほど前、こちらのお茶室で裏千家の茶道体験会に参加、いろいろ基本的な作法を教えていただいたことを思い出しました。

模型を鑑賞しながら、若い頃からあちこち村野先生の作品を見学したことを、思い出しました。小諸の小山敬三美術館が特に好きで何度か行きました。1/50の迫力ある断面模型、増築時の平面詳細図を展示していました。天地逆さまに書き足した、平面詳細図が印象的でした。

川崎製鉄西山記念館、出光松寿荘が現存せずと知り、意外に感じると同時に、たいへん残念に思いました。

特に松寿荘は偶然竣工時、現場所長と別件で一緒に仕事していたので、引渡前に拝見させていただいた、思い出深い、すばらしい作品でした。
by paveau | 2015-08-11 14:06 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

代官山のお花畑~渦巻カフェ?

今日、渋谷へ買い物に行った帰り、代官山の近くで、きれいなお花畑をみつけました。

昼過ぎの光の加減もよかったのでしょう、ホントにきれいで、しばらく見惚れていました。
d0266559_0103577.jpg
d0266559_071440.jpg



代官山から桜が丘方向へ曲がってすぐ左手、ちょっとおもしろい渦巻き型のカフェ?のような、レストランのような?建物の庭のようでした。
d0266559_1433718.jpg


d0266559_1465949.jpg
帰宅して、Google Street View をみてみたら、去年は工事中。写真の仮囲い左端にアラップの看板が出ていました。その左隣に並んだ意匠事務所?の看板は読めませんが・・・。

お花畑といい、楽しげな渦巻き型の建物といい、なかなかよかったです。設計者とか、ご存知のかたいらっしゃったら、教えてください。
by paveau | 2015-06-01 00:53 | 建築の話題 | Trackback | Comments(3)

miu miu aoyama

今日は、青山へ出かけたついでに、春先にオープンした miu miu aoyama を見学してきました。
d0266559_263594.jpg


miu miu も、Miuccia Prada も日本語wiki がないのですが、とはいえ、ファッションがお好きなかたはよくご存じだと思います。

miu miu aoyama は、プラダ関連(創始者マリオ・プラダの孫娘さんで、プラダ・オーナーのミウッチャさん)の女性高級ファッション・ブランドの日本の旗艦ショップです。

設計は、はす向かいにあるプラダ・ショップと同じく、ヘルツォーク・ド・ムーロン。施工はたしかいずれも竹中工務店です。余談ですが、竹中さんはプラダの後、伊東豊雄さん設計のTod's@表参道も施工しました。

3月末か4月はじめにオープンした miu miu aoyama 、インテリアの中心といえる階段が毛足の長い、白いカーペットなんですが、さすがにすこし汚れはじめてました(どうなっていくのか気がかりです)。

d0266559_2191645.jpg
脇道はさんだ隣が、ステラ・マッカートニーさん(ポールの娘さん@デザイナー)のブティックになってました(写真・左)。通りのはす向かいがプラダ・ショップ(写真・右)です。
by paveau | 2015-05-11 00:48 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

進修館, 象設計集団, 1980

今日は、進修館@宮代町(象設計集団. 1980)で開かれたベネチア・ビエンナーレ建築展の報告会(第6回甲馬サロン)へ出かけてきました。

竣工した時の見学会以来、34年ぶりの再訪でした。
d0266559_10352160.jpg
屋内斜路夜景。焦点距離20mm(35mmカメラ換算)近辺の画角の(超?)広角レンズで建物の写真を撮ると、パースを描いてるときととても似た感覚が味わえて楽しいです。 一種の古典主義的な(笑)建築鑑賞法と言える気がします。AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5Gの14 mm (equiv. 21 mm), f6.3

d0266559_14590.jpg
第1部は中谷礼仁さんたちによる同展への進修館出展報告、写真家北田英治さんのベネチア写真鑑賞、陣内秀信さんのベネチア・レクチャー。夜のひと気のないサン・マルコ広場や街角の写真とお話がとても印象的でした。

d0266559_144616.jpg
第2部はイタリアにちなんで、宮代隼人さんのカンツォーネ独唱、三好草平さん指揮合唱グループによる合唱。

d0266559_151936.jpg
その後、地元手打そば、野菜てんぷらなどをいただく懇親会。

町民の皆さんはじめ、多くのかたがお集まりになって、地域に根ざした和やかな集いでした。第1部で発表なさったかたがたも興味深い、中身の濃い話題がいろいろあって、第2部のミニ・コンサートも盛りあがりました。

懇親会ではおいしいお料理とお酒をいただきながら、また知人何人か久しぶりに再会できたりもして楽しかったです。

d0266559_934547.jpg
エントランス。

d0266559_10392641.jpg
屋内廊下夕景。

d0266559_1051621.jpg
屋外回廊夜景。
by paveau | 2014-12-20 23:55 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

有時庵(うじあん),  磯崎新,  1992

JR品川駅と大崎駅の中間あたり、御殿山に渡辺仁が設計した旧・原邸(現・原美術館)があり、その旧・庭園の一角の、かつてそこにあった茶室が朽ち果てたのだといわれるところに、磯崎さんが茶室「有時庵(うじあん)」を設計なさったこと、そしてそれがだいたいどんな茶室なのかは、以前、藤森さんの「藤森照信の茶室学(六耀社、2012. pp.272-277)」を読んで概略知ってはいました。


もうひと月ほど前ですが、外苑前のギャラリー、ワタリウムで開催中の「磯崎新 12x5=60展」開催記念の磯崎新x藤森照信対談(11月7日建築家会館本館ホールにて開催)を聴きに行ってきたという、建築設計仲間のMさんと話していて、数奇屋の名匠、中村外二とのコラボとして同展覧会で取り上げている、築20年余りの有時庵が御殿山の旧・ホテル・ラフォーレ東京(現・東京マリオット・ホテル)の庭園にあって、原美術館裏手を通り抜ける道(森ビルが御殿山ヒルズを開発した際の公開空地?)から屋根がみえるんだけど、見学できるといいよね!といったようなことを、当てがあるわけでもなく漠然と、話題にしたことがありました。


それからしばらくのあいだ、忘れていましたが。


最近になって、なんとか見学できないものかというMさんの熱意が伝わったのだと思いますが、東京マリオット・ホテルさんのご好意を賜わり、そして運よく晩秋の小雨の中という最高のシチュエイションにも恵まれ、短時間ではありましたが、じっくりと(笑)見学させていただく機会を得ました。

ワタリウムの「磯崎新 12x5=60展」も観にいこうと思っています(1月12日まで開催中)。


d0266559_57031.jpg
建物も庭もよく手入れがされています。この日も小雨の中、手前の石庭に庭師さんが入ってらっしゃいました(写真左下)。

d0266559_2155077.jpg
雨落し。この日最高のチャームポイント、しばし見惚れておりました。

d0266559_1481274.jpg
雨落し #2 鳥の糞まで愛おしく思えました(笑)。

d0266559_4461441.jpg
躙り口。無垢ライムストーンt70張りのRC外壁、壁厚合計450なので、Mさんによれば、木造の通過感とはかなり異なるとのこと(各寸法は、JA・93-4磯崎新特集号p.279掲載の1/20平面詳細図による)。

d0266559_4472761.jpg
二畳台目から水屋をみる。太鼓の襖、引手が天地逆など、見学者は静かにしかしおおいに盛り上がりました。1990年頃巡回した磯崎展にこの茶室が初出した際は、引手天地は順方向でした(JA・93-4磯崎新特集号p.275)。

d0266559_16143136.jpg
床の間脇の(欧風な?)窓。

d0266559_16179.jpg
1990年初出時と比してとてもコンストラクティヴに変貌した障子天井を見上げる。

d0266559_16254763.jpg
コンストラクティヴに変貌した障子天井を土間から見る。室内で一番印象的だったのは、新旧多様な素材よりも、過剰ともいえる天井のコンポジションでした。







by paveau | 2014-12-12 01:01 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

ドーモ・アラベスカ , 富田玲子 , 1974

ドーモ・アラベスカ(1974年)
設計:富田玲子(象設計集団)

3年ほど前ですが、3.11直後の東北大震災支援報告会がドーモ・アラベスカであって、はじめてお邪魔して報告会終了後に見学させていただいたときの写真です。

ときどきここでコンサートをなさっているらしいので、いちど聴きに行ってみたいと思っています。
d0266559_1172597.jpg
テラス
上の写真、壁に立て掛けた箒がなんともいい感じだったので写したのですが、今みていて、ふと気づきましたが、出窓の右脇、壁から木が生えてる!? (笑)

d0266559_1385899.jpg
テラスに面した出窓

d0266559_1174221.jpg
広間

by paveau | 2014-11-10 01:23 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

新国立競技場(その4)

土曜の午後、「手をつないで五重の輪をつくって、国立競技場を囲もう」という集いがあり、案内をいただいて僕も出かけてきました。

1時間ほど、参加者みんなで手をつないで、国立競技場の廻りをゆっくり静かに行進しました。
d0266559_2455728.jpg


d0266559_21505283.jpg


国立競技場の近くへはときどき行きますが、中へ入ったのは、14年前(2000年)、サッカーのトヨタ・カップでボカ・ジュニアーズ(南米代表アルゼンチン)とレアル・マドリード(欧州代表スペイン)の試合を、はるばる地球の裏側から団体旅行で?やって来た、おおぜいの根っから陽気なアルゼンチンのサポータの人たちに混じって観戦したとき、1回だけかもしれません。

ゆっくりぐるっと一周廻りと歩いてみて、国立競技場本体の躯体は目視する限り、さほど痛んでいる印象はありませんでした。
by paveau | 2014-07-07 02:07 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

新国立競技場(その3)

はっぴいえんどの「風をあつめて」は、いまでもいろんなミュージシャンがカバーする名曲で、僕自身もそうですがこの曲が好きな人は多いだろうと思います。

ちょうど今から10年前、ソフィア・コッポラが東京を舞台にした監督第2作「ロスト・イン・トランスレーション(Lost In Translation, 2003年, 日本公開2004年)」の挿入歌で使ったことでも話題になりました。

S.ヨハンソン(ジョハンソン)、B.マーレイ主演で前評判も上々でしたが、封切で観にいった僕は、今思えば、期待しすぎだっただけですが、物足りなくてがっかりして帰ってきて、そのことすらもうすっかり忘れていました。

ソフィアがなぜ「風をあつめて」を挿入歌で選んだのか、しかも劇中では、中盤、ある夜ホテルを抜出した主人公2人が孤独感いっぱいでカラオケ屋の廊下に座り込むシーンのBGMとして、しかも他の部屋から漏れてくるカラオケ曲として、いったいなんなの、これ?みたいな、僕にとってはこの映画の謎なんです。

そんな話を昨夜、音楽仲間としていて、この映画が10周年ということを思い出し、封切り以来10年ぶりに観ました。

一人で呆然と窓辺に座込むシャーロットの部屋の窓(新宿西口のホテル、パークハイアット東京)から、国立競技場がみえました。
d0266559_164416.jpg
Sofia Coppola,"Lost In Translation",2003, 41:11~


一昨日、既存競技場解体工事入札が不調に終わり、7月予定だった解体着手が遅れそう&予算超過になりそうな状況で、既存競技場改修案や敷地変更案などを含め、多くのかたからいろいろな意見、要望、さまざまな問題提起が出ていますから、きちんと合意形成しながら、将来の東京、日本にふさわしい適切な事業を進めてほしいと思っています。



Lost in construction みたいなことになりませんように!!








by paveau | 2014-06-12 01:08 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)