ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ブーム  (共同翻訳)

ブーム - イタリアの企業・デザイン・社会 [単行本] (共同翻訳)
著者:L・ゴッビ, R・ブロニャーラ, F・モラーチェ, F・ヴァレンテ
訳者: 鵜沢 隆, 押場 靖志, 長谷川 正允, 長谷川 寿美子
出版社:鹿島出版会,1993年12月

1980年代にイタリアでブームを巻き起こした10の商品についての評論。
d0266559_1561563.jpg


序章・結論
アレッシ・ケトル(ポット)
フィアット・ウーノ(小型自動車)
翻訳:鵜沢 隆

ムリーノ・ビアンコ(ビスケット)
レプッブリカ(新聞) 
翻訳:押場 靖志

エンポリオ・アルマーニ(ファッション)
ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン(ファッション)
翻訳:長谷川 寿美子

マッキントッシュ(パソコン)
スウォッチ(腕時計)
翻訳:長谷川正允


上記8アイテムのほか、原著にあったティンバーランド(カジュアル・シューズ)、ペルジーナ・チューブ(チョコレート)は、日本語版出版当時、知名度が低い等の理由で割愛されましたが、その後、日本でも知られるようになりました。約20年を経た現在、振り返ってみると、ほんとうに時の流れを感じます。
by paveau | 2012-09-30 23:47 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

ル・コルビュジエを変換すること (翻訳)

「ル・コルビュジエを変換すること」
著者:ウィリアム・J・R・カーチス
訳者:長谷川正允

「ル・コルビュジエと日本」に収録、pp.161-172。
編著者:高階 秀爾 (編集), 三宅 理一 (編集),
     鈴木 博之 (編集), 太田 泰人 (編集)
出版社:鹿島出版会, 1999
d0266559_1449126.jpg


1997年2月9日、11日、田町の建築会館ホールで開催された国際シンポジウム「世界の中のル・コルビュジエ - ル・コルビュジエと日本」の全発表を収録した報告書。
by paveau | 2012-09-29 12:38 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

渡辺泰男 イタリアにおける新しい学校建築(翻訳)

渡辺泰男とそのグループによるイタリアにおける新しい学校建築への試み
「SD」1987年03月号特集,pp.49-64
出版社:鹿島出版会

「エピソードに富んだ環境 - 渡辺泰男の学校建築」
著者:ジャンカルロ・デカルロ
訳者:長谷川正允

その他
by paveau | 2012-09-29 12:22 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

S 邸

S 邸 2000年
東京都品川区
木造2階建て
掲載誌:マイホームプラン 2002年08月号

3人家族(夫婦+子)の戸建住宅。シンプルなデザインをめざしました。

正面外観
d0266559_16265094.jpg


東外観
d0266559_16284476.jpg


リビング内観
d0266559_16381344.jpg


2階廊下内観
d0266559_16443576.jpg


雪の日の遠景
d0266559_11561780.jpg

by paveau | 2012-09-29 11:56 | 建築作品など | Trackback | Comments(0)

Villa Romana ローマのヴィッラと庭園

Villa Romana ローマのヴィッラと庭園 長谷川正允
「SD」 1995年12月号 pp.61-80
出版社:鹿島出版会


villa Doria Panphili
d0266559_2349267.jpg

d0266559_2350441.jpg


villa Medici
d0266559_171185.jpg


villa Albani
d0266559_1151181.jpg

by paveau | 2012-09-28 16:38 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

南イタリアのバロック建築 (特集・共著)

南イタリアのバロック建築  (特集・共著)
d0266559_11222481.jpg


シチリア・バロックとレッチェ・バロックの魅力

・シチリア
バロックの誘惑 竹山博英
辺境の二重性 長谷川正允

・レッチェ(サレント島)
南イタリアのバロック 岡田哲史+長谷川正允


「SD」 1995年02月号
出版社:鹿島出版会
by paveau | 2012-09-28 16:29 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

知られざるカルロ・スカルパの作品 (翻訳)

「知られざるカルロ・スカルパの作品-1,-2)
著者:セルジオ・ポラーノ(1,2)、マルコ・ムラッツァー二(1)
訳者:長谷川正允
(1)「a+u」1987年9月号pp.83-94、
(2)「a+u」1987年12月号pp.11-18





パラッツォ・アバテリス美術館、パレルモ、シチリア
Palazzo Abatellis, Carlo Scarpa, Palermo, 1953-54

パラッツォ・アバテリスは、シチリアの建築家M・カルネリヴァーリが15世紀末に法務裁判官F・パテッラの大邸宅として建設し、後に数百年にわたって女子修道院として使われた、地中海地域の多様な様式を示す独特な歴史建築物です。第2次大戦末期1943年の爆撃で半壊してしまいましたが、戦後、若き日のスカルパによってシチリア国立美術館として改修されました。

2階ロッジア
d0266559_13313452.jpg

スカルパによる石の階段
d0266559_13341972.jpg

1階ガジーニ展示室
d0266559_17434623.jpg

1階ラウラーナ展示室
d0266559_1461945.jpg
d0266559_1335957.jpg

2階広間 2つの十字架展示室
d0266559_17472051.jpg

2階広間窓
d0266559_21433.jpg

2階トスカーナのキリストの展示
d0266559_1749457.jpg

by paveau | 2012-09-28 11:30 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

テオ・ファン・ドゥースブルフ (翻訳)

「テオ・ファン・ドゥースブルフ - 芸術の総合化をめざした建築理論家」
著者:セルジオ・ポラーノ
訳者:長谷川正允
「a+u」1985年9月号 pp.71-78
by paveau | 2012-09-28 11:23 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

カプリ - 「島との出会い」

カプリ - 「島との出会い」 長谷川正允
nice space
「SD」 1985年2月号 pp.65-72
出版社:鹿島出版会



d0266559_1593270.jpg
d0266559_14334852.jpg

アナカプリ
d0266559_14354810.jpg

サンジャコモ修道院中庭回廊
d0266559_14351627.jpg

ヴィッラ・サンミケーレ中庭
d0266559_14362743.jpg

カーザ・ マラパルテ (A.リベラ)海からの外観
d0266559_15105796.jpg

カーザ・マラパルテ(A.リベラ)内観
d0266559_15365584.jpg

カーザ・マラパルテ(A.リベラ)
d0266559_15381889.jpg

ヴィッラ・イオヴィス
d0266559_181920.jpg

ヴィッラ・イオヴィス 貯水槽室の遺構
d0266559_1825053.jpg

by paveau | 2012-09-28 11:18 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(2)

ヤマナシ・ヘムスロイド 表参道

ヤマナシ・ヘムスロイド 表参道 1997
(2005年1階アトリエ・ショップ内装改修)
東京都渋谷区神宮前
混構造2階建て
(1階鉄筋コンクリート造、2階木造)
掲載誌:ミセス1998年02月号pp.51-61

表参道よりわずかに入った敷地に建つアトリエ・店舗併用住宅。スウェーデン、デンマーク、英国など西欧手芸研究家のアトリエ・ショップ・住居。

正面外観(1997年竣工時)
d0266559_1213079.jpg


正面エントランス(2010年)
d0266559_20583628.jpg


2階リビング(2011年に開催された40周年展 の様子)
d0266559_12461430.jpg



余談ですが、2009年NHKTVドラマ「ゴースト・フレンズ」では、主人公の家という設定で、ロケ地になったので、ご覧になったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
d0266559_185268.jpg

by paveau | 2012-09-28 11:05 | 建築作品など | Trackback | Comments(0)