ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

礀居(かんきょ), 堀口捨巳 ,1966

茶室「礀居」は、堀口捨巳晩年の代表作です。先日訪問した、村野藤吾設計の旧千代田生命本社ビル・茶室と同年竣工(たしか施工はいずれも水澤工務店)です。

僕が礀居を訪問したのはいつだったかなと、しばらく前から昔のネガなど探したがみつからず(遠慮してかどうも撮影しなかったようです)、古い手帳を調べたら、1987年7月22日とメモがありました。
d0266559_1603145.jpg


ローマ大学留学中に近代建築史を指導していただいたカルロ・セヴェラーティ教授(以下、カルロさん)が、日本の近代建築を研究する目的で1987年に来日し、霊南坂のA.レイモンド自邸(1923年)、堀口捨巳設計の若狭邸(1939年)など、都内にある初期モダニズム作品を一緒に観て歩いたのですが、その際、「なにか観たい建物はないか?」と訊かれ、モダニズム作品ではないが堀口捨巳設計「礀居」を是非訪問したいとリクエストしたところ、どなたかの伝手でアポイントをとってくださって、カルロさんと二人で「礀居」にお邪魔し拝見させていただきました。

d0266559_163420.jpg最近では、「表現者・堀口捨巳(藤岡洋保著, 中央公論美術出版, 2009年)」など詳細な研究書がありますが、当時は堀口捨巳作品集的なものは雑誌「SD」82年01月号の特集くらいしかなく、それでも当時から、堀口捨巳の分離派時代や戦前のモダニズム作品、後にてがけた数奇屋・茶室研究には惹かれるものがありました。

僕は茶室の研究者でないので詳しいことはわかりませんが、施主の要望で栗材を多く用いた意匠、秋をテーマにした庭園は、独特な「田舎らしさ」の表現、端正な品格があって、これが堀口捨巳なんだなと深く印象に残るものでした。




*「礀(石閒)」の文字は、各種印刷資料では「石間」と表記していますが、パソコン日本語OS環境にこの文字が見当たらず、命名の由来とされる「鳥鳴礀(ちょうめいかん)」もネット上では同様に表記され、また単漢字的にもおおむね「間」=「閒」のようなので(新字源)ここではこのように表記します。
by paveau | 2013-01-27 16:04 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

BACA-BACCA

年が明けて僕の日程が合わず、荻ちゃん(g.)にベースをお願いしている Broken Arrow ですが、一昨日21日、メイプル・ハウス@学芸大学で ベテラン・プロ・バンド BACA-BACCA (ばかばっか)のオープニング・アクトをやるから!というので、仕事帰りに聴きにいってきました。
d0266559_21592516.jpg
BACA-BACCA (ばかばっか)1st アルバム(メイプル・ハウスで録音)

BACA-BACCA (ばかばっか)というマイペースな?バンド名ですが、メンバーは、ex.キャロルの内海利勝さん(g.&vo.)、ex.ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの新井武士さん(b.&vo.)、ex. 竜童バンドの長洲辰三さん(g.&vo.)、ex.東京パンチョスの寺本修さん(dr.)。この日はドラムが、ex.ウエスト・ロード・ブルース・バンドの松本照夫さんでした。ご存知のかた、ファンのかたはたくさんいらっしゃると思います。

この晩もオリジナル曲を中心に、歌もコーラスも演奏もご機嫌なライブでありました。
d0266559_22261077.jpg




プライベートな話で恐縮ですが、新井さんは高校の軽音の3年先輩(ちょうど入違い)、僕が大学入学した頃ブレークしたダウン・タウン・ブギウギ・バンドは有名ですが、フォーク・グループ猫のデビュー曲「人生なんてそんなものさ(1972年)」のベースを弾いたのは新井さんだそうで、現在、猫の活動もされてるとのこと、はじめて知りました。この日はプレシジョン系の新しいベース(新井武士シグニチャmodel )をパーム・ミュートを多用しながら弾いてらっしゃいました。

とにかく40年してご本人にはじめてお目にかかれて、なんともうれしいことでありました。
by paveau | 2013-01-23 22:54 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

由緒正しいJAZZ

昨年頃から近隣の親睦会のかたの主催で、スタンダード・ジャズ・ライブ鑑賞会がときどき開催されるようになったらしく、先週土曜19日、やはりご近所にお住いのjazzピアニスト野口久和さんたちが1920~30年代の往年のスタンダードの名曲を演奏なさるとのことで、お誘いいただいて聴いてきました。
d0266559_13473727.jpg


野口さんは、jazzピアニストとしてだけでなく、JAZZビッグ・バンド、ポップス・バンドなどのリーダーとしても多彩にご活躍されていて、ファンのかたも多いことと思います。

会場の洗足会館は、僕よりずっと?ご年配とおぼしき音楽ファンの皆さんで超満員、由緒正しいjazzの名曲20曲を聴きながら、楽しいひと時を過ごしました。

"Whispering (M. & J.Schonberger,1920)"、"I Cried for You (G. Arnheim,1923)"、"Tea for Two (V.Youmans, 1925 )"などなど、いずれもメロディが美しい20年代の名曲です。古い曲では"Fascination (Marchetti, 1904)"、はじめて聴いた"After You've Gone (T.Layton, 1918)"もメロディアスでよかったです。あとよかったのは、C.Porterの"What is This Thing Called Love (1929)"、R. Rogers & L.Hart の"You Took Advantage of Me (1928)"。


今回で3回目とのこと。ほかの回はたいてい女性vo.とピアノのデユオらしいのですが、この日は女性vo.野間瞳さんとともに、ベース入りということも楽しみでした。そのうえさらに個人的にサプライズ!だったのは、メンバー紹介で告げられたこの日のベース奏者が、大橋巨泉さんのバンド、サラブレッズの根市タカオさんだったことです。楽しそうにアップライト・ベースを演奏なさるお姿を40ン年振り! にまぢかで拝見できて、なんともなつかしかったです。

最近の若いベース奏者ですとエスペランザさんなんかもそうですが、アップライト・ベースを弾く姿はステージ映えして本当にかっこいいなあと思います。
by paveau | 2013-01-21 12:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

日本の民家 (その2)

(続き)

三連休最終日の14日に開催された二川さんの記念講演会のあと、大雪のせいで観られなかった「日本の民家 1955年」展 @ 汐留ミュージアムですが、昨日観てきました。

二川さんも講演会で話されていましたが、この写真展の主題、彼が1955年から日本各地で撮った「美しい日本の民家」、つまり「自然に育まれて日本各地に生まれ育った美しい民家と生活環境」は、僕が建築の勉強を始めた1970年初頭、すでに大半が失われていたんだろうと思います。

彼は学生時代、建築家志望だったそうですが、この仕事を通じて建築写真家、編集者として歩み出す決心をしたとのこと。彼の写真には、直球勝負(しかも重い球)といいますか、芸術作品と言うよりは映像情報、取材記録といった特質があるように思いました。

写真展を観ているうちに、彼が撮影した日本の民家のうち、僕が実物を訪れたことがあるのは倉敷だけだということにふと気づきました。つまり日本の民家のことは今までほとんど二川さんの写真を通じて擬似体験していたんじゃないかということです。写真というメディアの特質以上に、二川さんの写真の力だろうと思いました。

会場ホワイエで上映していたDVDの映像の中に、Leica III らしき35mmカメラを肩から下げ、民家を前に、Roleiflex (かVoigtländerSuperbか?)らしき6x6カメラ?を手持ちで覗き込む若き日の二川さんの、いい感じの写真がありました。これを撮影したのは伊藤ていじさんだったのでしょうか?







帰りながら、僕が本当に知っている「美しい日本の民家」はなんだったんだ?と考えていました。

母の実家の(静岡県三保の松原近くの)そこそこ古い「日本の民家(農家)」で、幼い頃遊んだこと。学生時代は、秋田・山形県境の山村で約1ヵ月、田んぼの区画整理の実測・設計のアルバイトをして村の人のお世話になったこと。雑誌「都市住宅」の木曽集落保存特集(1974年)に惹かれて友人と妻籠・馬籠を旅したこと。酒田の大火直後、吉阪研究室の現地調査に参加したこと。沖縄県野甫島に移住した友人の両親に島へ招待していただいて、島の人たちと一緒に正月を過ごしたこと。
d0266559_156394.jpg
野甫島の豚舎, 1981年,沖縄県



「美しい日本の民家」で暮らしたことはないですが、断片のほんの少しだけとはいえ、そこで営まれていた暮らしに接したことはありました。「美しい日本の民家」とは?、深い問いかけなのでこれからも考えたいと思います。







追記.

二川さんが3月5日に亡くなられたことを今日知りました。1月14日は吹雪の中にもかかわらず、記念講演会ではお元気そうにお見受けしましたし、「日本の民家 1955年」展もまだ会期中ですし、たいへん驚いています。

その講演会のおわりのほうで、日本の民家の話を終えた後、世界のいろんな建築や建築家の四方山話を楽しそうになさったのですが、その中で、「ル・コルビュジエの作品の中で、ラ・トゥレットの修道院が一番難解だ。26回行ったが、いまだにわからないところがある」とおっしゃっていたのが、いちばん記憶に残っています。訃報を聞き、真っ先に思い出しました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

2013年3月11日
by paveau | 2013-01-20 01:59 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

日本の民家 1955年展 @ 汐留ミュージアム

連休最終日の今日、東京も初雪になり、今も降積もり続けていますが、パナソニック東京汐留ビルにある汐留ミュージアムで一昨日からはじまった、建築写真家 二川幸夫さんの写真展「日本の民家 1955年」(3月24日まで)を記念して、二川さんの講演会があり、聴きに行ってきました。
d0266559_1732387.jpg


悪天候だったので人出が少ないかと思いましたが、講演会場はほぼ満員、展示会場は雪のため閉館を16時に繰り上げたせいもあり、15時過ぎの講演終了時には入場待ちの列ができていて、後日出直すことにしました。

建築写真家としてだけでなく、日本を代表する建築書籍出版社A.D.A. Edita Tokyo を主催する二川さんも御年80歳とのこと。「日本の民家に何を学ぶか」という講演テーマでしたが、民家の教科書的な解説などはほとんどなく、僕には期待どおりといいますか「二川幸夫に何を学ぶか!?」といった趣でした。民家の撮影をした頃、やがて海外へ目を向けた頃、など、いろいろ体験談を交えながら、終始ほとんどお一人でお話されましたが、最近の日本の建築界の状況、3.11の復興状況なども含め、納得できないご様子だったのが印象的でした。この日本の状況をどうすればいいか話し始めたらすぐには終わらない!といったことも話されていました。

講演テーマ「日本の民家に何を学ぶか」を僕なりに振返ってみると、二川さんが1955年飛騨高山をかわきりに各地の民家を撮りはじめた頃、家畜と共生する生活が不衛生だったり、囲炉裏の煙が室内に充満するなど健康を害する住環境だったりと、今日的視点からみると問題はいろいろあったにせよ、日本には美しい民家があり、12年間撮り続けた、と。それが20年ほどで(1975年頃までに)すべて失われてしまった、と。





展示を観ずに帰ってきたこともあり、この続きはあらためて考えたいと思います。
by paveau | 2013-01-14 17:33 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

グレン・マーカット  Glenn Murcutt

オーストラリアの著名な建築家の一人、グレン・マーカットさんは、東京でも2008年6~8月にギャラリー間で展覧会があって、それと関連して来日講演会も開かれましたので、建築、特に住宅建築に関心のあるかたはよくご存知かと思います。

僕は今まで彼の詳しいことを知りませんでしたが、スペインの建築雑誌el croquisが去年暮れに彼の特集号を刊行(163/164)し、最近偶然手にとって観たのですが、作品集としてとてもよくまとまっているのでゆっくり観たいなと思い、手に入れました。このところ正月ころから、ときどき読んだり、作品写真や、彼自身によるという手書図面、多くのスケッチをみたりしていますが、どこかほっとするようなデジャヴ感を感じています。ふと思い浮かんだのは、松村正恒さんの日土小学校でした。
d0266559_0501132.jpg


ネットで少しマーカットさんのことを調べてみましたら、しばらく前から「Glenn Murcutt: Architecture for Place
と題する彼の作品展が世界を巡回していて、メルボルン(2010年7~10月)、台北(2011年3~6月)、ウィーン(2011年11月~2012年2月)、そしてちょうど今!(2012年10月5日~2013年1月20日)ベルギーのブリュッセル自由大学建築学部で開催中のようです。
by paveau | 2013-01-07 00:53 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

マイケル・ブレッカー  Michael Brecker

あけましておめでとうございます。

正月休みもそろそろ終わりですが、昨日は僕がテナーを吹いているバンド、ERbutS(イーアールバッツ)の新年初スタジオ練習がありました。

昨年6月のライブの後、約半年振りの活動再開ですが、みんなで相談した新課題曲が5曲あり、その中でザ・セクション(the Section) というバンドの同名ファースト・アルバム(1972年)のB面1曲目「Doing the Meatball」をやることになりました。
d0266559_226283.jpg


ザ・セクションは、キャロル・キングやジェームズ・テイラーなど1970年代の米国を代表するシンガー・ソングライター達をサポートした腕利きスタジオ・ミュージシャン、ダニー・コーチマー(g.)、クレイグ・ダーギー(kb.)、リーランド・スクラー(b.)、ラス・カンケル(dr.)が結成したインストルメンタル・バンドです。ご存知のかた、(僕たち同様、熱狂的な?)ファンのかたも多いと思いますが、後にクロスオーバー、フュージョン・ミュージックと呼ばれる音楽の先駆的な存在といいますか、今聴いても色褪せないすばらしい音楽性を感じます。

このアルバムでさらに興味深いのは、当時まだ23歳!くらいだったマイケル・ブレッカー(ts.)がゲストで3曲演奏していることです。特に今回僕らが取り上げた「Doing the Meatball」は、ほとんどマイケルが主役のような曲で、軽快なテーマから、吹きまくるソロまで、その後発展成熟していく彼のプレイ・スタイルやフレージングの特徴が、粗削りながらすでにかなりでている楽しい曲です。テーマからさっそくフラジオ入り(highG#)、彼自身も後半一部音が裏返ったりして微笑ましいですし、ぐいぐい突進する演奏はほんとうに愛おしく思えます。

ソロは1コーラス目はなんとか採譜し、だいたい吹けるようになりましたが、2コーラス目は今の僕には完コピは無理そうなので、僕なりに楽しんで吹こう!と思ってます。2コーラス目に続くブリッジはだいたい採譜しましたが、ERbuts はアルトのKさんと2管なので、今回アルトに吹いてもらうことにしました。余談ですが、2コーラス目のアドリブ譜をお持ちのかた、ご存知のかたいらっしゃいましたら、ご教示いただけるとさいわいです。




1970年代、20代の頃のマイケルは、1974年に兄ランディ達とブレッカー・Brosを、1979年にはマイク・マイニエリ達とステップス(・アヘッド)を結成し、フュージョン・ミュージックを盛り上げ、同時にいろいろなジャンルのミュージシャン達とも共演して、数多くの名演を残していきました。
d0266559_2594216.jpg
ジョニ・ミッチェルの1979年ライブDVD"shadows and light"(僕のはUS版region1/NSTC)。若き日のマイケル、M.スターン、この頃が絶頂期ともいわれるJ.パストリアス!など観どころ聴きどころがたくさんあります。
by paveau | 2013-01-06 03:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)