ブログトップ

長 谷 川 正 允 の ブ ロ グ !

paveau.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

吉阪隆正ビデオ

連休頃、古いビデオを整理していて、久しぶりにみつけました。

吉阪隆正ビデオ(写真右)。

今からちょうど30年前につくったビデオです。
d0266559_16523275.jpg


先生が亡くなって3年余り経った1984年。

僕はちょうどローマ留学から帰国直後でしたが、先生の著作を集大成した「吉阪隆正集( 勁草書房・全17巻・現在絶版)」が完成、その刊行記念パーティでちょっとサプライズ的に先生の映画を上映・披露しよう!ということで、つくるようご指名いただきました。

ベネチア・ビエンナーレ日本館(1955)竣工時の16mmカラー・フィルム、日仏学院(お茶の水、19xx、現存せず)地鎮祭や早稲田大学山岳部マッキンリー登頂隊(19xx)の16mmモノクロフィルム、ヨーロッパ建築視察団参加諸兄撮影の吉阪団長の映像、吉阪研後輩青田さん監督・撮影による、建築学科新入生に吉阪研究室を紹介する先生インタビュー、僕が撮影した研究室最後の蔵王スキー旅行の8mmフィルム、などなど。

写真中央は各オリジナル・フィルムからテレシネした、編集前のラッシュ映像テープ。

写真左は吉阪隆正ビデオとは直接関係ありませんが、放送大学の吉阪先生のTV講義「生活と形」第1回・第2回のエアチェック・テープです。


吉阪隆正ビデオは、今風にいうと、先生のお宝映像満載(笑)。吉阪隆正集刊行記念パーティでの上映は、予想以上の大好評をいただきました。映像提供していただいた諸兄、全集刊行関係者のほか、予定していなかった配布希望がたくさんあって、100本ほど複製テープをつくって配布しました。

その後も、何度か各地(新宿・ギャルリ- ・ タイセイ・1997~98年など)で行われた吉阪隆正展の展示会場でも上映しました。

1984年当時、虎ノ門にあったビクターのホームビデオ・編集センターに通って編集したアナログ・ヴィデオなので、今の眼で観ると良くも悪くも超ローテク。いずれ機会があったら、ラッシュ・テープからデジタルで再編集したいなと思っています。








by paveau | 2014-05-10 17:19 | 著作・翻訳など | Trackback | Comments(0)

新国立競技場(その2)

オランダ・ハーグ派展を観にでかけた、西新宿の損保ジャパン東郷青児美術館。
d0266559_855576.jpg

西新宿・損保ジャパン本社ビル42階の窓から、今話題の、新宿御苑~霞ヶ丘国立競技場~赤坂離宮・東宮御所を眺める。新国立競技場ザハ案が実現した場合、ここからみると、右端、東京モード学園(設計:丹下憲孝さん)とリンクするような、巨大な物体がならんで見えるようになるということだ。

ふと気づいたが、新国立競技場ザハ案と東京モード学園には共通点がある。生命体(の形)をモチーフにするような異形の建築デザイン。今の東京の風景をぼんやり眺めていたら、こうしたデザイン傾向を「エイリアン建築」と呼ぶのがふさわしいような気がした。
by paveau | 2014-05-05 09:05 | 建築の話題 | Trackback | Comments(0)

オランダ・ハーグ派展@西新宿・東郷青児美術館

昨日夕方、損保ジャパン本社@西新宿の42階、東郷青児美術館で開催中のオランダ・ハーグ派展へでかけました。

d0266559_7553395.jpg
読みどおり、空いていて、ゆっくり鑑賞できました。地味な絵画展だが、ミレー、クールベ、ゴッホなども数点。

ゴッホの「白い帽子をかぶった農婦の顔(1884)」は、巷に出回っている画像よりほんものがずっと暗い色調なのが印象的でした。

風景画は明るい、晴れやかな絵も多いですが、室内・人物画は圧倒的に暗い色調の絵が多い。これらの画家たちより200年ほど前の、ヤン・フェルメールが描いた穏やかな光とは、明らかに異なる光と陰。

それから抽象へ向かう以前のモンドリアンの風景画も数点、1907年の風車の絵(ハーグ市立美術館)がよかったです。モンドリアンはこの頃、風車の絵をたくさん描いています。


オランダ・ハーグ派展は、去年から山梨県立美術館、新潟県立美術館、ひろしま美術館、2014年は下関市立美術館、郡山市美術館そして東京へと、約1年かけて巡回。東京会場は狭いせいか、カタログにあるのに展示していない絵もあるらしく、ちょっと残念(詳細未確認)。
by paveau | 2014-05-05 08:04 | アート | Trackback | Comments(0)